忘れたくないから、書く

 

何時まで起きてるんだよとつっこまれそうな時間にブログを書き始めました。もう冒頭を「こんばんは」にすればいいのか「おはようございます」にすればいいのかもわかりません。(AM2:44)

 

唐突ですがなんでブログを書くことにしたかというと、握手会に行きました!!!

行けないと思って諦めていた握手会に行けました。嬉しい、嬉しいよ、行けることが決まった時、目の前にいた全然好きじゃない店長に飛びつきそうになったくらい嬉しかった。

1,2,4,5部の券を持っているのに1部しか参加出来なかったけれど、それでも嬉しかった。だって2016年10月23日のひめたんに会えたんだよ!もう今日会おうと思っても会えない23日のひめたん!24時間しかないうちの数秒が私のためにあったんだよ!!!!興奮しますよね(異論は受け付けません)

 

この日はもう1ループ目から膝がガクガクするくらい緊張してしまって。握手会に行くのは初めてでは無いし、特に緊張する要素もなかったのになー………異常に緊張してガタガタブルブルといった感じになってしまい、本当にこんな女が震えてすみません!と土下座したい気持ちでならびました。最近有難いことにお友達が少し出来て、握手会前にお話ししたり一緒にならんでくださったりする事が多かったので、久しぶりの1人に緊張したのかもしれません。とにかく早く逃げ出したくて、早く終われ早く終われと思いながらレーンにならぶヲタク。

 

後ろの人に話し掛けられます。

「初めてですか?俺何回か来てるので何でも聞いてください^^わかりますわー初めての握手って緊張しますよねー俺も前回のこと思い出しますもんww」

何回かって2回目かい!私の方が来てるわ!と思いつつも一応「ありがとうございます…」と答え、ひめたんレーンの温かさに触れて少し感動の涙を流しそうになりました(涙腺弱めなヲタク) ひめたんレーンっていつも温かいですよね。あんまり他のレーンに行ったことがないので比べられないですが、同じ人が好きでもピリピリした感じはなく、皆が自分なりにひめたんを好きでいる感じがしていい空気感だなと思います。もしこのブログを読んでくれている方の中に声掛けてくださった方がいたらありがとうございました!チケホルがみさ先輩だったことは内緒にしておきますね!

 

そんな事もあったし朝一だったのもあって1回目はすぐに自分の番が来たのですが、もう何回も帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい…とレンタル救世主の地蔵ちゃん並に心の中で唱えて。レンタル救世主の地蔵ちゃん、めちゃくちゃ可愛いので見てない方は是非。まぁレンタル救世主の話、今どうでもいいのですが。

もしかして…とは思っていたのですが、ひめたん、この日生駒ちゃんにコーディネートしてもらった例の服を着ていまして。

f:id:nyr_tn:20161026031127j:image

(心の声)アッ……これやばい……

生駒ちゃんのコーディネート…ありがたい…貴重なひめたん?とは思いながらも、私はスカートを履いているひめたんの方がどちらかと言うと好きなので、この服装だとしても動揺しないぞ!と思っていたのですが、そうもいきませんでした。私はどうしてもアイドルと会えるということに慣れる事が出来ないみたいで、こういう「テレビやラジオで着てた服」のひめたんに会うのがほんっっっとうに苦手なんですよ。もちろんいい意味で。画面の中の人に会ってしまったという人生で起こり得ないはずのハプニングにパニックになってしまって。もう頭ショート寸前です。推しを目の前にして。いつものクセでおはようと言えたのは自分よくやった!なのですが、その後のひめたんのおはようがおはようじゃなくて(ややこしい)、おはよーう!!みたいな跳ねたおはようで、同じおはようでもこんなにも可愛くなるのかと頭抱えた。何言ってるのかわからないですよね。私にもわからないです。

ということでツイート貼り付けに逃げました。はてなブログこんなこと出来るのか…すぎょい………。ツイートは楽しそうに書いていますが、私の挨拶絶対「おはようー!」なんて感じじゃなかった。それは確か。死にそうな泣きそうな顔でおはよう……と伝えていたと思います。私がアイドルだったらあんなおはようには帰って寝ろと返事していたと思う。可愛くお返事返してくれてありがとうひめたん( ; ; )(好き)

エッしかも今思うとストレートが好きと伝えた私に対してこんな返事する訳なくないですか?!?!自分のレポに不信感持ち始めたらレポの意味が無いのですが、頑張って「ありがとう」が関の山なのでは?!?!こんな可愛いこと言ってくれていたのかな本当に……だとしたら私は世界一の幸せ者だよお母さん……。でも本当にストレート好きなんですよ〜。美人さんだからね、元の顔が一番生きるのがストレートだなって…思うんだけど…どこかで聞いた台詞で代弁すると、見つめ合うと素直にお喋り出来ないからさ…そんな理由まで言えなかったわ本人に………

ということで覚えたてのツイート貼り付けで理由書いておきます。美人だなぁって生で見たら改めて思った。

 

そうして1回目を終えてとぼとぼレーンを後にしたら、生駒ちゃん推しのお友達(おこがましい)が出口の所で待っていてくれて、少しお話をしました。安心したー( ; ; )やっと知ってる人に会えた( ; ; )既に1部の券を使い終わったその方と、どうでしたか?なんて話をしたのですが、その方も真顔で「生駒ちゃんが可愛過ぎてもう…本当に可愛かった…どうしよう………」みたいなことを言っていて、私の周りはみんな重いなと思いました^^私は私でまだ券が残っていたので「もう何話していいかわかりません><話すことないです帰りたい><無理です><でも会いたい><胃が痛い><」と言いながら自分を落ち着かせようとしていたのですが、逆にそのせいで緊張しました(本末転倒)「たなかさん!頑張って!!頑張って下さいね!!!」と握手会に行くだけなのに戦いを前にした人ばりに励ましていただき、私も勇気を出して再度残りの券を使って握手することに。………と思って並びはしたのですが、緊張で手も足も口も震えが止まらなくて、身分証確認の列を抜け、レーンの後ろで泣きそうな顔をしながらウロウロウロウロ…鍵締め厨かな?!遂には中元日芽香レーン列が短くなってきておりますの放送まで流れて、あーもうだめだ勇気出ない帰ろう…と思っていたのですが、何話していいのか分からないなら何も言わずに出てきてしまってもいいからきちんと会いに行こう!と思い直し、震えながらも再度レーンに。

最後だから人がほとんど居なくて、身分証のチェックを終えたら1分も待たないうちにひめたんの目の前まで来てしまいました。もういいや!って。言いたいこと言って帰るぞ!と思い、ノープランでひめたんの元に向かいます。

もう、さすがに泣いた

書きながら泣いている、好き過ぎる。ほぼ私が一人でつっかえながら喋る感じにはなってしまったけれど、言いたかったことちゃんと言えたし、それに対して「気持ち伝わってるからね」と言ってもらえたのが、今思い出しても幸せだし安心したし嬉し過ぎてワーってなってしまった。今更ですが、私、本当にひめたんの事が大好きなんですよ( ; ; )会えていることが嬉し過ぎて、でも自分なんかがひめたんの目に映って会話をするなんて申し訳無さすぎて、よく分からなくなっちゃって、いつも。だから一人で突っ走ってドバーッと話して、よし帰ろう!ってなるのですが、今回は会話したなぁって気が勝手にしてて、とってもとっても幸せでした。いつだってひめたんと話せた時は幸せなのだけど。特に幸せだったな。

 

前回の全握で、ひめたんに「お久しぶりだねー!」と声を掛けられた事をふと思い出しました。なんとなく見覚えのある人全員に言っていたのだと思うし、私がひめたんにとってなにか特別な存在であるはずはないのですが、それでもひめたんが私を私として認識して覚えていてくれたことが嬉しいなぁって凄く思えて。私のことなんて覚えなくていいし視界にも映らなくていいよ><と思いはするのですが、でもやっぱり好きな人からここにいることを許してもらえたような気分になったりもしますよね。最近は言われなくなった「おかえり」も、きっと少しずつ私とひめたんの関係性が変わってきての事かなと思うのですが、そんな少しの変化や、覚えているよと伝えてくれること、気持ちも伝わってるからねと言葉にしてくれたこと、全部すごいなぁってほかほかしました。ただ単に気分でおかえりやお久しぶりを言ってるだけかもしれないけれど、それでもこうやって色々考えて幸せにさせてくれるんだから、ひめたんは世界一のアイドルだなと、また改めて思います。

 

今日も、今日のひめたんに会えて良かった!

いつもそう思わせてくれるひめたんに感謝だし、そんなひめたんを好きだなって気づけた過去の自分に感謝です。

 

 

ツイートにも書いたように緊張し過ぎて本当に会うまでの時間が辛いし、私なんかがひめたんの目に入ってしまっていいのかなとか、私の言葉なんて耳に入れて欲しくないなとか、色々思ったりはしますが、それでもやっぱり好きだからまた会いに行きたいです。

そういった感じで、以上、握手して生命力がなくなるヲタクの少し長めな握手レポでした。おわり。(AM4:30)