読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロキ

 

とあるアイドルの謂わば卒業の話をするのだけど、そして今私の心情的には結構悲しみで溢れているのだけど、でもこんなに楽しくて最高なアイドルが私は好きだったんだぞーって忘れないように、ここに書いておかなくてはいけないような気がしたので、楽しく書こうと思う!楽しかったことや幸せにしてもらった思い出だっていつまでも綺麗に保存はしておけないから、どうしたって私の中でも世間の中でも彼は過去の人になってしまうから、私は私の為に、好きだった人とのことをここに書くよ!

 

ちなみに仲田拡輝くんの話です。

 

 

さて。

私は昔から好きなものを見つけるのが人よりちょっとだけ得意だと思っています。

ヲタク気質やミーハーといえばそれまでなのだけど、この人キラキラしてる~!と思う人を見つけると後先考えずにとりあえず突っ込む。突っ込んだ先でどうなったとしても突っ込んだ瞬間は楽しかったからいいやって、そう思ってとりあえず突っ込みます。

その突っ込んだ先で見つけた男の子が、ジャニーズJr.仲田拡輝くんでした。

 

仲田拡輝くんはみんなから「ヒロキ」と呼ばれて愛されていたし、私もずっとヒロキと呼んでいたのでここでもヒロキと呼ぶことにしよう。

 

ヒロキは、本当にいいやつだった。

私はステージにいるヒロキしか知らないし、もっと言えば生でヒロキを見たことがそんなに何十回何百回ってあるわけでもなくて、もちろん会話をしたこともない。ヒロキは私のことを知らないし、一方的に好きだなぁと思っていただけの関係。そんな私の言う「ヒロキはいいやつだった」に説得力の欠片もないと思うけれど、それでもヒロキはいいやつだった。

この短い文章の中にこんなにヒロキって書いてしまうくらいには私はヒロキのことが好きで、でも私がヒロキ好きだなぁと思うように、いやそれ以上に、ヒロキを好きだと思う人はたくさんいた。それにみんなに愛されていた。ヒロキの周りにはいつだって笑顔しかなかったし、いつもみんなに囲まれていた。

太陽みたいな人だったなぁと今になって思うけれど、ヒロキは本当にずっと、私の知る限りでは1日すら欠かすことなく、太陽みたいな人だった。ず―――――――――っとだよ?!ず――――――――っと太陽。天気で言ったら異常気象が起きてしまっているくらいずっと晴れの人。みんなにパワーをずっとくれる人。そんな人だった。

ヒロキを最初に好きになったのがいつだったか思い出せないくらいにヒロキはすっと私の好きの中に侵入してきたし、一度侵入したその日から一回も、好きから外に出ることはなかった。一瞬も嫌いになることなく、ずっと私の好きの中に居続けた。

私はすぐ人を好きになる分すぐ人の嫌な部分を見つけて勝手にへこんでだめになっていってしまう人間だと自負しているけれど、ヒロキはそのタイミングが一回もなかった。いつでも私にとって私の人生を楽しくしてくれるお兄ちゃんで、人生を楽しむ天才だと思っていた。思っていたというか思っている。大好きだったし大好き。

 

そんなヒロキが、消えた。いや、こんなブログを書いているけれど、正直本当にヒロキが事務所から去ったのかももう私がヒロキを見ることはないのかも、わからない。わからないけれど、きっともうないのだと思う。今までの経験上、哀しいけれどこれはもうそういうことだと、わかってしまう。

ジャニーズJr.はどんなに人気がある子でもその人の退社がファンに知らされることはなくて、「次に出る舞台の出演者として名前がない」「いつも出ていたこの番組にも出なくなった」「売られていた公式写真が売り切れたまま補充されなくなった」という「何かが違う」を自分たちで考えて、その人が事務所を去ったことに気付く。Jr.なのだから当たり前だと言われればそれまでだけど、Jr.とはいえテレビにもラジオにもコンサートにも舞台にも出る。ファンだっていっぱいいる。ただ、CDを1枚出しているかどうかの違い。CDが出ていなかった子は無言で事務所を旅立たなくてはいけない。そういう場所。

あ―――――悲しいなぁって、そう考えることに慣れてしまっている自分にも悲しいなぁって、そう思うけれど、でもヒロキにとっては辞めたところからまた別の人生が始まっただけで、何かが終わっただけではないんだよなとも思ったりして。もちろんヒロキにしても他の辞めていった人にしても理由なんて私は知ることができないからわからないのだけど、嬉しいことが起きたのかもしれない。ジャニーズよりやりたいことが見つかったのかもしれないし、結婚したい人に出会えたのかもしれないし、そんな幸せなサヨナラの理由だってたくさんある。わからないから、全部想像でしか語れないし、ヒロキが辞めた理由はきっと一生分からないのだけど、でもヒロキのことだからなんだかんだこの先の人生うまくいくのだろうとも思う。だから、きっとヒロキにとっては新しいスタートで、悲しむことでもない、悲しいけど、寂しいけど。

 

あんなにいつでも楽しそうで一生懸命で太陽みたいだったヒロキも、この決断にはたくさん考えさせられただろうし苦しいなぁって思う時もたくさんあったのだろうと考えるとやるせない気持ちにもなるけれど、でもヒロキはこんなにも私を幸せな気持ちにし続けてくれた人だし、他に大勢のジャニヲタを救ってきた人でもあるわけで、なんだか、うん、だから、わからないけれど大丈夫なんだ~って!

ヒロキのことを思い出して嫌な気持ちになったジャニヲタってたぶんいないんじゃないかと思うくらい本当に人に愛される人で輝いた人だったから、何もよくわからないけれど、きっとヒロキはもう大丈夫になったから私の会えないところに行ってしまったのだろうなぁと思う。

 

わがままをいうならば、ヒロキの踊っている姿をもっと見ていたかったし、歌声だってもっとちゃんと聞きたかった。いつ聞いても楽しくなれるヒロキの話をもっと聞いていたかったし、おじいちゃんになったヒロキだって見てみたかった。まだまだ知りたかったしかなえてほしい夢だってあった。9人であの曲を歌ってほしいなって気持ちだって実はずっと持ってたんだからな~~~~~~(笑)

でももうヒロキはそれとは違う道で、アイドルじゃない仲田拡輝を生きると決めたんだもんね。ああ湿っぽいブログになってしまう!あのヒロキの話をしているのに!ヒロキのことで悲しいなって思ったことも、悲しいなって泣いたことも、悲しいねって友達と話したことも、全部この「退所」が初めて。それだけヒロキはアイドルの間ずっと、楽しいとトキメキだけを与えてくれた人だったんだなぁって、こうやってアイドルのヒロキとサヨナラして改めて気づくことになりました。

ヒロキってこんなすごかったんだぜって思わせられることひとつも書いてあげられないよ~こんなに最高にハッピーなやつがいたんだぜって私は後世に伝えたいのに!ヒロキのこと忘れたくないのに!書きたいことも書けることももっともっとたくさんあるはずなのに!ヒロキを思い出しても大好きだったことしか思い出せないんだよ~~悔しい!何があったからヒロキが好きだったんじゃなくて、ヒロキが好きだったんだなぁ。だから思い出すことすべて、楽しかった記憶だしいい思い出になってる。本当に!ヒロキは!すごかったんだからな!!

 

たくさんの楽しい思い出や好きだという気持ちをもらったくせに、私はヒロキの為になるブログひとつ書いてあげることができないダメなファンだし、担当でもないし、欠かすことなくヒロキの活躍を見てこれたわけでもないけれど、それなのにこうやってパソコンを開かせてしまう、ヒロキはそんな人だったんだ。

 

きっと担当の人はまだまだこれからが苦しいと思うし私なんかより言いたいこともたくさんあると思うのだけど、担当じゃないからこそヒロキについて書けることもあるのかなと思って、それに私のこの気持ちもなかったことにはしたくなくて、こうやって最後にブログを書いてみた次第です。

 

あ~~もうヒロキ、きちんと、絶対に、今まで以上に、一生、幸せになるんだよ。

私はファンとして、仲田拡輝くんを見つけられてとても幸せでした。

たくさんたくさんありがとう~~!大好きだったよ!